ポケモンランクバトルの使用率ランキング!強い人はこのポケモンを使っている!?【ポケモンソードシールド】

nintendo

サンダー・ランドロス・エースバーン
対策を打ってもつよいですよね?

使用率ランキング上位のポケモン、
相手は必ずと言っていいほど使っています!

今回は【ポケモン ソードシールド】ランクバトル19シーズンにおける
ポケモンの使用率についてまとめていきます。

ランクバトルの使用率ランキング!強い人はこのポケモンを使っている!?【ポケモンソードシールド】

覚えておいてほしいのは、使用率ランキングは文字通り、よく使われる
ポケモンを順位付けしているということ。

当たり前じゃないか?と思われるかもしれませんが、逆に言うと

このランキングに勝ちにくいポケモンはいない

使いにくい、戦いにくいポケモンを好き好んで連れて行くようなことは
ほとんどありません。

バトルに勝つためにたくさんの人が使っているポケモンたちなので、
もし手持ちに一匹も入っていなければ、是非今日から連れて行きましょう!

ちなみに、ランキング上位だからと言って、入手が難しい・・・
なんてこともありません!誰でも手に入れられるポケモンばかりです。

どうして強いのか、その理由も見て行きましょう。

※データは「PokemonHOME」を使用しています。

ランキング上位ポケモンの対策はこちら

ポケモン使用率ランキング1~10位

1位 サンダー

13シーズンから6シーズン連続で首位を独走し続ける
サンダーが今シーズンも例外なく1位となっています。

☆強い理由☆

タイプが優秀
 {でんき/ひこう}は二つのタイプの弱点をうまくカバーしています。
 {でんき}唯一の弱点{じめん}は、{ひこう}により効果なしに、
 {ひこう}の弱点{でんきこおりいわ}に関しては、
 {でんき}を持っているため効果は普通になり、
  弱点タイプは半分まで抑えられています。

技が優秀
 ランクバトルで使われているサンダーの、覚えている技に着目すると、
 1位 ぼうふう     98.8%
 2位 はねやすめ 84.3%
 3位 ねっぷう     47.8%
 4位 ボルトチェンジ 43.9%
 となっており、以下は30%台まで転落します。
 強攻撃技、回復、異色タイプ技、入れ替え
 この4つの技を覚えさせておくだけでも十分バランスが取れています。

・種族値
 HP  90,攻撃力  90,防御力  85
 特攻 125,特防   90,素早さ  100
 平均が高いので、準伝説の風格があります。
 中でも飛びぬけて特攻が高いのがポイント!
 先ほどの覚えている技も、回復を除いて
 3つすべてが特殊技なので、データで見ても
 特攻の優秀さが伝わります。

☆戦い方☆

・初手でサンダーを使うトレーナーは
 そんなに多くはありません。が、初手でも十分に
 強さを発揮してくれます。
 力でゴリ押し戦法も可能ですので、うまく決まれば
 サンダーだけで勝利もできるでしょう。

・あえて控えさせておくのも手です。
 強いのはある程度分かっているので、
 相手にプレッシャーを与えることができます。
 素早さは通常よりは高いが、ドラパルト等には
 到底及びませんので、初手は
 不利になる要素が多いのも事実です。

・ダイマックスはサンダーに使うことをオススメします。
 ぼうふうを覚えているサンダーのダイジェットは
 {攻撃威力140+特攻125+素早さ上昇}
 の3コンボで、先制攻撃を取りやすくなり
 より有利に試合を運べます。

・入れ替えはよっぽどでない限りは控える。
 種族値の通り、防御は高くないので、
 くらう攻撃は致命傷に繋がります。
 なるべくダメージを控える戦法を取りましょう。 

2位 エースバーン

過去にはその優秀な特性から、4つのシーズンで
トップになったことのあるエースバーンが堂々2位です。

☆強い理由☆

特性『リベロ』
 エースバーンの夢特性『リベロ』は、繰り出した技の
 タイプに変化するというものです。
 ランクバトルでの使用率は99.7%!
 過去、ゲッコウガの『へんげんじざい』と同じです。

種族値
 HP  80,攻撃力  116,防御力  75
 特攻  65,特防   75,素早さ  119
 攻撃&素早さに強みがあり、
 高火力と先制攻撃でバトルを優位に進められます。

・技
 1位 かえんボール     97.0%
 2位 とびひざげり     83.9%
 3位 とびはねる      63.9%
 4位 ふいうち       45.5%
 特性『リベロ』を存分に生かすため、
 技のタイプはそれぞれ違います。
 さらに攻撃特化なので物理技がメインになります。

☆戦い方☆

・『リベロ』を軸にタイプを変えながら優位に立ちましょう。
 相手が{ほのお}タイプのエースバーンに
 {じめん}タイプの技で効果バツグンを
 狙ってきたとしても、先読みし、とびはねるを使えば、
 {ひこう}タイプに変化し、{じめん}タイプの
 攻撃が当たらなくなります。

・タイプ一致ですべての攻撃の威力が上がる。
 ポケモンのタイプと技のタイプが同じだった場合、
 技の威力が1.5倍になります。
例₎ほのおタイプのポケモンが「ひのこ」を使う場合
  「ひのこ」威力40×1.5=60
  になります。これが他のタイプだと威力は40のままです。
 エースバーンは『リベロ』のおかげでタイプが繰り出した
 技のタイプに変化するので、すべての攻撃を
 タイプ一致として。1.5倍の威力で繰り出せます。

・高火力&先制攻撃で無双しよう。
 相手より早く攻撃が繰り出せることは、
 バトルの勝敗に大きく関わってきます。
 エースバーンの素早さは、
 インテレオンの次に早いので、優秀です。
 ※素早さ努力値252の場合
 そこから繰り出される4タイプの技で、
 相手に合った技をぶつけると、
 ワンパンも夢ではありません。

・ダイマックスでバフをかけよう
 オススメはダイジェットで素早さを上げていくこと。
 先制を取り続ければ、相手も止められません。

・火力に関しては、元の種族値+タイプ一致で申し分ありません。
 確実にワンパンを決めるため、もろはの剣戦法、
 もちもの『いのちのたま』で火力を後押しする
 トレーナーが半数以上をしめています。

3位 ミミッキュ

まさに王道。サン&ムーン時代から人気が
衰えないミミッキュが堂々3位です。

☆強い理由☆

特性『ばけのかわ』
 ミミッキュへの初発の攻撃は『ばけのかわ』の効果で、
 どんな攻撃でも最大HPの1/8のダメージしか入りません。
※相手の特性が『かたやぶり』だった場合は無効

タイプが優秀
 {ゴースト/フェアリー}は、{ノーマル/かくとう/ドラゴン
 の3つのタイプの攻撃が無効化されます。
 さらに弱点の{ゴースト}がかき消されるので
 弱点タイプは{はがね/どく}の2択になります。

・技
 1位 じゃれつく     90.3%
 2位 かげうち       89.5%
 3位 つるぎのまい    81.5%
 4位 ゴーストダイブ   44.9%
 上位3つは使用率がズバ抜けています。
 ほとんどテンプレートと言えるでしょう。

☆戦い方☆

・『ばけのかわ』で1ターンを自由に使おう。
 1ターン固定ダメージが決まっています。
 つまり、相手よりも1ターン多く行動が出来ますので、
 「つるぎのまい」で攻撃力を2倍にするもよし、
 先に攻撃をいれるもよし、先手を打つことができます。

・ミミッキュは種族値が
 HP  55,攻撃力  90,防御力  80
 特攻  50,特防   105,素早さ  96
 平均的には低めですが、物理&先制攻撃&耐久の
 バランスが非常によく、
 バトル中盤からでも難なく戦況をひっくりかえせます。

・「つるぎのまい」からのダイマックス
 『ばけのかわ』で耐えている間に「つるぎのまい」で
 攻撃力を強化した後、ダイマックスで耐久力を上げれば、
 攻防一体の巨人が完成します。

・倒し損ねても「かげうち」
 攻撃力が特別高いわけではないので、
 相手の育て方によっては一撃を取りこぼすことも
 珍しいことではありません。
 そこで、先制攻撃「かげうち」で
 確実に倒しきりましょう。

4位 ランドロス

苦しめられたトレーナーも多いのでは?

☆強い理由☆

タイプが優秀
 無効タイプが{じめん/でんき}ですが、
 現在のランクバトルでは
 「ダイジェット」を起点にバトルを展開する
 傾向にあり、{でんき}で対策を打つ
 トレーナーも増えていますので、
 {でんき}無効は有効です。

種族値
 HP   89,攻撃力  145,防御力  90
 特攻  105,特防   80,素早さ  91
 合計600とこちらもサンダー同様に
 準伝説の風格を感じます。
 防御もさることながら、攻撃力が
 かなり高いので、ワンパン狙いも可能です。

☆戦い方☆

・持ち前の攻撃力でワンパン
 145の攻撃力は、強烈なダメージを入れられます。
 さらに「いのちのたま」で攻撃力追加
 「じしん」は強打を与えられるので
 必須技です。

・もちもの使用率1位は「オボンのみ」
 「つるぎのまい」を覚えるので、アイテムで
 火力を補正するよりも回復を意識しよう。
 耐久もそこそこありますので
 余裕を持った立ち回り、準備を意識しましょう。

・努力値-素早さ120以上は速い
 素早さを120以上にすると、エースバーンよりも
 早く攻撃が可能です。
 火力はもともとが高いので、
 他のステータスに振るのも手です。

・「ダイジェット」で無双
 「そらをとぶ」は覚えておいて損はありません。
 「ダイジェット」は高火力かつ素早さ補正があるので、
 試合を有利に進められます。

5位 カプ・レヒレ

カプ・レヒレは戦術が豊富で、
様々なアプローチが可能。
序盤からぜひ温めておくべきポケモンです。

☆強い理由☆

戦術の幅広さ
 カプ・レヒレは育て方で色んな戦い方が可能
 ポケモン選出時、どんな戦術か
 戦ってみないとわからないため、
 手持ちに加えるだけでも
 相手にプレッシャーをかけられます。

耐久力
 種族値は
 HP  70,攻撃力  75,防御力 115
 特攻  95,特防   130,素早さ  85
 と防御が硬めです。HP・防御に努力値を積めば
 さらに倒れにくいでしょう。

タイプが優秀
 {みず/フェアリー}は、弱点属性は補填できませんが、
 半減(こうかいまひとつ)が6タイプ、無効が1タイプの
 合計7タイプの攻撃が通りにくいので、
 有効打を受ける回数を減らせます。

特性『ミストメイカー』
 場に出たタイミングでミストフィールドを展開。
 状態異常やこんらんを無効にし、
 {ドラゴン}タイプの技の威力を半減させますので、
 交代したポケモンにも
 優位な状況を引き継ぐことができます。

『フィールド・天候・状態異常』の明記されていない効果とは?

☆戦い方☆

・「てっぺき」&「めいそう」の壁無双
 古き良き流れですが、その防御力を最大限に使用し、
 硬いカプ・レヒレで突破しましょう。
 防御・特防が高いうえに弱点が少ないとなると、
 カプ・レヒレ一体で詰むことも可能です。
 相手の降参が増えるでしょう。

・技は{フェアリー/みず/こおり}がおすすめ
 耐久はありますが、火力はワンパンするには
 少し心もとないので、技を厳選していきましょう。
 おすすめは「ムーンフォース」「ハイドロポンプ」
 「れいとうビーム」などの特殊効果力技です。

・「ドレインキッス」で詰もう
 「てっぺき」「めいそう」で耐久をあげられた
 カプ・レヒレに「ドレインキッス」で
 体力まで回復をされてしまえば、
 多くのトレーナーの心を折ることができます。
 心理戦においても勝利できる優秀さです。

6位 ポリゴン2

「TOP10のかわいい担当」なんて言わせない。
粘り強さのポリゴン2がランクイン。

☆強い理由☆

弱点が少ない
 ポリゴン2のタイプは{ノーマル}なので、
 弱点は{かくとう}のみです。
 現在の使用率で、タイプ一致の{かくとう}技を
 繰り出すポケモンは、エースバーンの『リベロ』を除いて
 下記のウーラオス、29位にフェローチェ、飛んで90位にルカリオ
 と、「ダイジェット」時代の今は{かくとう}タイプが
 薄手になりますので、環境に適したポケモンです。

最終進化前
 ポリゴン2は最終進化に至っていませんので、
 もちもの「しんかのきせき」が使えます。
 防御・特防を1.5倍にするので、耐久度が優秀です。

☆戦い方☆

・耐久戦
 「しんかのきせき」で硬くなっているポリゴン2は
 倒しきるのに時間がかかります。
 タイプ一致の「ダイナックル」でも
 食らわない限りは、ほとんどの技に耐えられます。
 さらに、技の使用率1位の「じこさいせい」で、
 相手の戦意をそぎ落としましょう。

・攻撃力も問題なし?
 HP   85,攻撃力  80,防御力  90
 特攻  105,特防   95,素早さ  60
 特攻の種族値は100を超えていますので、
 貴重な{こおり}タイプの「れいとうビーム」
 「トライアタック」や「ほうでん」など、
 特殊技は大きなダメージを与えられます。
 まさに攻防一体!

・特性『ダウンロード』
 ポリゴン2の特性は3つすべて優秀ですが、
 よく使用されるのは『ダウンロード』
 【相手の防御と特防を比べ、防御が低い場合は攻撃を、
 特防が低い場合は特攻を、それぞれ1段階引き上げる。】
 ので、相手の特防が低ければ特攻をさらに補強できます。

ポケモン カードゲーム ソード&シールド 拡張パック 白銀のランス PO-154625

価格:5,950円
(2021/7/3 11:15時点)

7位 ウーラオス(れんげきのかた)

ウーラオスは、(れんげき・いちげき)両方が
TOP10にランクイン!(れんげき)は7位。

☆強い理由☆

「すいりゅうれんだ」
 ウーラオス(れんげきのかた)の専用技
 「すいりゅうれんだ」は、威力25の攻撃を
 3回+すべて急所にあてる技なので、
 相手が防御を上げていても関係なく
 3連撃を当てられます。

半減タイプが現在の環境に合っている
 {ほのお/はがね/むし/いわ/あく/こおり/みず
 と、現在のランクバトルで多く使用されている
 タイプが入っていますので、
 現在の環境において、より優位を取りやすいでしょう。
※弱点{くさ/でんき/エスパー/ひこう/フェアリー
 こちらも主要なタイプは多いです。

特性『ふかしのこぶし』
 ウーラオスの繰り出す直接技は、
 特性の効果で、「まもる」や「みきり」等の
 効果を受けません。(ダイウォールを除く)

☆戦い方☆

・もちもの「いのちのたま」で火力補強
 種族値(下記いちげきのかたも同様)
 HP  100,攻撃力  130,防御力  100
 特攻  63,特防   60,素早さ 97
 で、物理において、火力、耐性があります。
 技は物理で固めるのが無難でしょう。

・「すいりゅうれんだ」を起点に
 ウーラオス(れんげきのかた)において、
 「すいりゅうれんだ」の使用率は100%!
 なんといってもあのミミッキュ、
 一撃目で『ばけのかわ』を外し、
 残り2撃で倒せてしまうので、
 技一発で倒せてしまいます。
 他にも、上記の通り、急所必中なので、
 防御を積もうが対策にはなりません。

・もちもの「じゃくてんほけん」は有効
 弱点属性が5つありますので、もちものは
 「じゃくてんほけん」はよく活躍します。
 防御は高いので、物理技が来た場合は
 耐えつつ、攻撃力を上げられます。

8位 ドラパルト

シーズン1からの不動の人気、
ドラパルトが今回もTOP10入りです。

☆強い理由☆

とにかく早い
 HP  88,攻撃力  120,防御力  75
 特攻  100,特防   75,素早さ 142
 素早さは全ポケモンの第7位の種族値をほこり、
 ほとんどの確立で先制できます。

火力も十分
 防御・特防は低いので、比較的倒れやすいですが、
 先制+高火力なので問題なし。

技が優秀
 シーズン1から使用率1位の「ドラゴンアロー」や、
 1ターン稼げる「ゴーストダイブ」など、
 戦闘の様々なシーンし対応できる技を
 メインに覚えるので、普通に育てていても
 十分にランクバトルで活躍可能です。

☆戦い方☆

・先制攻撃+高火力押し付け
 攻撃を受けてしまうと倒されてしまうことが多いので、
 ここは迷わずもちもの「いのちのたま」で
 火力を出し、相手が攻撃する前に倒してしまいましょう。

・「ゴーストダイブ」でターンを枯らす
 1ターン空けて攻撃を繰り出す「ゴーストダイブ」、
 1ターン目は姿を消して攻撃が当たりませんので、
 相手がダイマックスをしているときは、
 最大2発のダイマックス攻撃を透かしてしまう
 強力な技です。シーンに応じて使いましょう。

・「ドラゴンアロー」でタスキ除去
 防御の低いポケモンは、もちもの「きあいのタスキ」で、
 1ターン稼ぐ戦い方は、ランクバトルでは王道ですが、
 「ドラゴンアロー」は二回攻撃をしますので、
 一回目でタスキや『がんじょう』を外し、
 二回目で倒すという使い方ができます。

9位 カイリュー

初代のポケモンが
現在のランキングにおいても大活躍!!

☆強い理由☆

特性『マルチスケイル』
 この特性は、HPが最大の時、
 ダメージを半減させるので、
 タイプ的に4倍くらう{こおり}も
 2倍で受けられるので耐久力が高いです。

種族値
 HP  91,攻撃力  134,防御力  95
 特攻  100,特防   100,素早さ 80
 見ての通りとても優秀です。
 基本物理がメインですが、特殊にふっても
 十分な火力が出ます。

選出時から
 カイリューはその種族値から、
 物理も特殊も両刀も可能な万能さなので、
 相手のパーティーに居るだけで
 選出に悩みます。バトル前から優位に立ちましょう。

☆戦い方☆

・もちもの「じゃくてんほけん」
 主流な戦い方として、「じゃくてんほけん」は
 よく使われます。カイリューは弱点が4タイプあり、
 発動しやすいのが1点と、並以上の耐久力があり、
 さらに火力も出るので、相手としては
 はやく決着をつけたいので弱点を突かれることが多いですが、
 特性『マルチスケイル』は、
 攻撃種族値140のガラルヒヒダルマの「つららおとし」でも
 耐えられる硬さなので、こちらの攻撃をより
 強力なものにするためにおすすめです。

・「ぼうふう」でスキをつく
 これはマイナーですが、カイリューは
 攻撃が高く、育成は攻撃ふりで大丈夫ですが、
 もともとの特攻も高めなので、
 相手のスキをつく&素早さ補強で「ぼうふう」を
 入れておけば、相手の読みを外すことができます。

・もちもの「こだわりハチマキ」
 攻撃は絞られますが、火力補強をし、
 確実に倒すことを意識した戦い方。
 攻撃、素早さに努力値をふり、
 技は「げきりん」「ばかぢから」「じしん」
 先制攻撃枠の「しんそく」などで
 揃えるとかなり戦いやすくなります。
 

10位 ウーラオス(いちげきのかた)

10位は(いちげき)のウーラオスが堂々ランクイン。
(※れんげきのかたと被る部分は省略)

☆強い理由☆


「あんこくきょうだ」
 ウーラオス(いちげきのかた)の専用技
 「あんこくきょうだ」は、威力80の
 タイプ一致技を必ず急所に当てます。
 威力は180にまで上がるまさに強打を与えます。

種族値・特性は省略

☆戦い方☆

・もちもの「いのちのたま」・・・省略

・火力ゴリ押し
 専用技が優秀なので、
 「あんこくきょうだ」をメインに
 ワンパンで倒せるように
 意識しましょう。
 耐久も(れんげきのかた)と同様
 防御高めの特防低めです。
 さらに一撃必勝なのでもちもの「きあいのタスキ」
 は痛手になります。極力ワンパンを目指しましょう。

・技はほとんど固定
 技選びですが、「あんこくきょうだ」「インファイト」
 は使用率100%で必須、「ふいうち」も使用率74.2%
 残り1つの技で自分流にアレンジしましょう。
 オススメは「ちょうはつ」です。
 あまり使われていないのが最大の理由で、
 相手トレーナーもそこまで警戒していません。
 初手ウーラオスで「ちょうはつ」を繰り出すと、
 運が良ければ相手のターンを一つ無駄に出来ます。

勝つためのポケモンの選び方

ここまで、ランキングTOP10のポケモンと
大まかな使い方を見てきましたが
実際のバトル環境において、
ハイランカーたちはどれぐらい
これらのポケモンを使っているかというと、
2~3体ほどでした。

「TOP10を6匹連れて行けば最強じゃね?」

と思われますし、その通りですが、
これらのポケモンは、その強さゆえに
対策もかなり多く組まれています。
つまり、情報が出回っている上、
型も想像がつきやすいので、
返り討ちにあう可能性も大いにあり得ます。

なので、上位のトレーナーほど、
バランスよくパーティーを組んでいるので、
選出の時点で惑わされたり、
このパーティーなら勝てると思っても、
一番頼りなさそうだったポケモンに
コテンパンにされたりということがあります。

ランキング上位ポケモンは必須で使うべきですが、
全てこれに統一するのはあまりおすすめはしません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は【ポケットモンスター ソード&シールド】の
ランクマッチにおける使用率ランキングTOP10を
お届けしました。

育て方や戦い方によってさまざまな
活躍を見せるポケモンたちです。
なかなかバトルに勝てないなら
ぜひこれらのポケモンをパーティーに加えて
戦ってみましょう。

うまく戦えなくても、きっと勝つための
ヒントが見えてきます!

みんなでマスターボール級を目指しましょう!

ランキング上位ポケモンの対策はこちら
モンハンライズ 誰でもマネできる百竜夜行ソロ攻略

コメント

  1. […] →ランキング上位ポケモンを使いたい方はこちら […]

  2. […] →ランクバトルにおける使用率ランキング→使用率上位ポケモンの対策 […]

タイトルとURLをコピーしました